ダメ人間でも幸せになっていいはず。管理人地雷屋は、新卒後、5年以上のニート期間の後に就職。
元ニートによるニートのためのニート脱却を目指すblog。初の人は、カテゴリ目次へどうぞ
トップページはこちらをクリック
/*とあるニートの成功目録*/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニート考察42「ダメ軍師は背水の陣が大好き」

今回はどっちかというと、誰かを脱ニートさせようと
努力してる人に向けたいのですが。

映画か漫画の見すぎではなかろうか

この戦術が好きな人に、教え上手、育て上手は
まず存在しないんじゃないかなー。

何度もいいますけどね、危機感はありすぎても害なんですよ。
そんなことはない!ペナルティがきついほど人は動くんだ!とか
言う人もいますけど。「背水の陣」が大好きな人がね。

でもね、これ勘違いしてる人が非常に多い。
「背水の陣」においては本当に誤解が多いです。
好きな人ほど、だいたい誤解してる。エピソードも知らない。

そんなことない、自分は背水の陣を知ってるという人、おさらいです。

~歴史のお勉強~
 そもそもこの元となった事例は、中国は韓信という超名軍師が
 2万の軍勢で、城にこもった20万の敵に対しとった策で。
 あえて敵の目の前で一戦し、わざと敗走し、
 水を背にし逃げられない状況を作りました。
 それを見た敵兵は「相手は兵の理も知らん馬鹿だw」と一戦して
 勝った余韻と数の差もあり、手柄目当てに大挙して追撃に入ってきました。
 「城を守る兵」までもがね。もう絶対に勝てるとふんで。
 逃げれない状況で戦うのは愚策……
 常識だったわけです。
 しかし、この時韓信は実は兵を二手に分けていました
 死に物狂いで戦う1万の兵に、20万の敵軍がじっくりと戦っている最中、
 最初に分けておいた兵が、敵のがら空きとなった城を強襲、占拠します。
 そして、大量の旗をたたせ、見た目以上の巨大な軍勢に見せかけました。
 それを見た敵軍は
 「あんなに大軍があったのか」「本拠地が取られた」「その大軍に挟み撃ち……」など
 パニックをおこし、逃亡したりして、そこを攻め立てられ敗北します。
 これが有名な「背水の陣」です。
~歴史のお勉強・おわり~

つまり、死地に陥れ奮起させる策というより、油断させおびき寄せるための
陽動策」の意味合いが強い策だったのですよ。
そもそも壊滅させてないしね。敵の情報を混乱させ中枢を打ち破ったのです。

「背水の陣」は死地に赴くことにより、少数で大軍を正面衝突から
ガチ壊滅させた策である、と思ってる人は意外に多いんじゃないんでしょうか。

してませんからね

そもそも正面から戦うための策じゃないですし。戦わないための策ですし。
伏兵、援軍ありきの策ですし。壊滅ではなく、敗走させるのが目的の策です。
壊滅目的で全軍を水辺におき、正面からぶつかったら100%負けてるでしょう。
そもそも前提として「逃げられない状況で戦うのはバカ」という
常識の上に成り立つ、油断を招く餌の布陣だったわけです。
死力の力を利用したのも事実ですが、あくまで一時的なものであること。
そして、その一時的な辛抱の先に勝利の策もあってこその状況です。


なぜ「逃げられない状況に兵をおくのがバカ」なのが常識なのか。
それは、兵が失敗すれば死という環境から、そのうち恐慌を起こし
軍の統制が取れなくなるからです。
現に、敵側は「大軍に挟み撃ち=死」という
思い込みからパニックを起こし自滅しました。
死地に追い込むほど強くなるならおかしいですよね?
あと、撤退スペースが無いので兵を効率的に動かせません。
韓信は短期決戦であり、さらに合理的な勝利の策を
教えることによりそれを回避しましたが、
まあ普通に考えれば当たり前ですよね。

死地におくというのは、あくまで一時的な効果しかもたらさない。
競馬の馬の鞭みたいなもんで。慢性的に打つと逆に疲労困憊し崩壊します。
普段の力すら発揮できない。

「背水の陣」は、史事をみて分かる通り「根性万能論」を提示していません。
むしろ、策を持たずただ死地に追い込まれた人が如何に脆いか、
敵軍をみればそれを教えてくれると思いますが。

前置きが長くなりましたけど。


そして、慢性的に死地におかれてるのがニートです
あのね、ニートを根本的に本気でバカにしすぎてる人大すぎです。
そういう人の助言は聞く気もなくなるんですが、
この先ほっとけばどうなるかなんて、教えてもらわなくてもわかってますよ。
それで、上の状況なわけです。

慢性的に、死地にいるような感じ。
本来持っているハズの能力すら、出せていない。
こんなとこに、さらに死地に追い込むような真似してもね、無駄です。
止め刺すのがせいぜいでしょうね。
正直何しにきたんだかという感じです。



なのに「死地の万能性」を、信じてる人があまりに多すぎる。


まあ、これには理由もあります。
「信じてる」んじゃなくて「信じたい」んですね。正確には。
なんせ「楽」なので。教える側が
この方法で得するのは、教わる側では決してありません。
教える側です。
なんせ放り込むだけでOKと思ってるので。
本来は韓信のようにその後の策を用意しないと意味ないんですが、
そんなつかれることはガン無視です。


あのっすね、普通に考えて、あなたの幸せ願ってたらそんな提案しませんて。
大体において、言ってる本人ができない場合も多いし。
死地に放り込むだけって楽なんですよねーほんと。
人の不幸を簡単にみれて気分もいいし?みたいな人もいるだろし?

でも、そんな万能的効力はありません。
パニック映画を見たことないでしょうか。

追い詰めすぎれば、恐慌状態になる

これが、普通です。


ですから

「背水の陣」が自分に必要だとか、

自らを死地に追い込めない自分は自分に甘いだとか、

もっと厳しい環境に身を置けばがんばれるんじゃないかとか、

そんなことは一切思う必要はありません。
あれは、一時的なカンフル剤にこそなれ、
長期的な助けとはなりません。むしろ害です。
なんの手もなく、ただそれだけを行っても
無駄に終わるどころか、よりひどい結果になるでしょう。
経験者として助言しますw

結局、これが言いたかったんだけどw

まあ、これに関してはもうちょい補足があるので、
いずれ続きを書きたいと思います。


↓しらんかたーって人はクリックを!
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ  人気ブログランキングへ  

前回ニート考察41「ニートがニート脱出できない一番の理由」
次回ニート考察43「ニートでも絶対成功する法則」

目次一覧はこちらをクリック 
コメント
No title
ども、おはようございます。
自分も「背水の陣」について同じような勘違いしてましたw

簡単に「死地の万能性」を説く人はスルーする方向で…
いいんでしょうね。

ただ、家族にそれを言われて大なり小なり精神的ダメージを
受ける人は存在すると思います。
それ以上に、家族に対してガッカリするのかも
しれません…。
2010/05/22(土) 10:19 | URL | ジャンバラヤ #-[ 編集]
No title
背水の陣の意味勘違いしてました

いろんな知識ありますね。

2010/05/22(土) 13:50 | URL | 30才ニート #-[ 編集]
No title
前に私が提案した美容室事業で
赤字リスクのない訪問派だったのは
むやみやたらに自分を追い込まない
ためだったんですね。

あと背水の陣の話は興味深いですね。
根性論の話とみせかけて実は一つの策だったという所が。
韓信という人は相当頭がよかったんでしょうね。
2010/05/22(土) 14:37 | URL | ザオリク #-[ 編集]
No title
プラス、背水の陣は生きる意志があってこそ成せる策で、自殺率が高い日本では、死に追い込むだけの場合が多いでしょうね。
2010/05/22(土) 14:58 | URL | ハル #-[ 編集]
あの諺は相当誤解されてる。
地雷屋さんのおっしゃるとおりですね。

背水の陣を引き合いに出して、根性論を説く輩には、
まず、司馬遼太郎の『項羽と劉邦』を読んで欲しいですね。
2010/05/22(土) 16:47 | URL | 茶々丸 #-[ 編集]
ちょっと訂正。
”輩”は失言でした。

”輩”→”人達”と訂正します。
2010/05/22(土) 22:55 | URL | 茶々丸 #-[ 編集]
No title
>>ジャンバラヤさん
スルーでいいと思いますね。実際無理でしょう?
ずっと死を隣におきながらエネルギー出すなんてね。
>家族に対してガッカリするのかも
まあ、自分も知らなかったんだし、相手もそうだよね。
ぐらいでやっぱりスルーかなw

>>30才ニートさん
一応、記事書く直前に調べ直したのは秘密w

>>ザオリクさん
まさにそのとおりですね。あと例えば、雇った美容師がダメだったら
維持費0なら成長を待ったり、次々首にして次々雇えるでしょ。
ダメなら良い人でてくるまで待てばいいや、とか。成長待てばいいやとか。
でも維持費20万かかってたら、せめて20万は稼げ!ってなって
なんとか元取ろうと無理するんじゃないかな。合わない人だったとしても。
それはお互い不幸。ただ時間が過ぎるだけで赤字だと、
人もすぐ雇わないといけないし、審査も時間かけれないし
色々きついんじゃないかなと。
ま、訪問式を提案したのはそんな理由です。

韓信は希代の軍師ですよ。孔明クラスというと通じやすいかも。

>>ハルさん
そですね。生きる意思があってこそですねえ。
ダメな時期ってのは、前回のカテゴリのように、
まず希望すら失ってる場合が多いですから、そこにたきつけてもね……。


>>茶々丸さん
2万vs20万で、20万を正面衝突で壊滅させたと思ってる人多いですねー。
興味ない人はそんなもんだろうけど、好きという人がそうだったりして困るw
2010/05/23(日) 01:43 | URL | ziraiya #TY.N/4k.[ 編集]
No title
始めまして。良く拝見させてもらっています。
「死ぬ気になれば・・・」とか聞いてると日本人ってつくづく決死隊が好きなんだな~って感じます。
2010/05/23(日) 04:29 | URL | AMA #aweimhBo[ 編集]
「敗軍の将兵を語らず」という言葉があるけど、他人に、「背水の陣」を勧める奴等こそ、自分もまた「敗軍の将」であることに気付いてないし、本当の意味を、理解してないことが多い。
戦えば必ず勝つという前提があって、初めて成り立つ作戦なのに、何を勘違いしてるのか、追い詰めて弱兵の決死の力を引き出すことだと思っている。
ニートの脱出についても同じことが言える。

追い詰められてブラック会社に就職→続かず辞める→ブラックに就職→続かず辞める・・・。

追い詰められても決して力など発揮できない、いい例だと思う。
で、結果こういう人間に「背水の陣」を勧めた奴等の言葉は、「やる気がない」、「根性が足りない」、今回のエントリにぴったりのご高説を偉そうに言ってくる。
2010/05/23(日) 10:02 | URL | ななしさん #-[ 編集]
「ご高説」ではなく「事実」を言っているだけだと思うがな。
2010/05/23(日) 13:32 | URL | 大和 #-[ 編集]
No title
実は会社です。
が、暇で人いないので。。。

中学生くらいのときにその「背水の陣」については勉強しましたが、すっかり忘れてました。
そうですね、ニートは常に死地まっただ中ですよ。
一番つらいのは本人なのに、親の方が精神なんとかなりそうってぼやくのはどうかと思うんですけど。。。
いや、心配してくれてるのはわかりますよ!
ただ、せかすのはやめて!ただ見守ってほしい。

自分でも焦った結果が一ヶ月しかもたなかった会社への入社ですから。
今度はほんとにじっくり活動したいです。
「選ばなければ職なんていくらでもある」なんて詭弁ですよ。
2010/05/23(日) 16:09 | URL | ひきこもりOL #-[ 編集]
>「選ばなければ職なんていくらでもある」なんて詭弁ですよ。

詭弁ではなく事実ですよ。

あと「死地に~」という表現をニート関連で使うのは大げさすぎる。猛獣が多数いる森林に放り込まれているとか、銃弾飛び交う戦場にいるとかなら話は分かりますがね。

「焦らずゆっくり見守る」からこういうのが長期化するんですよ。
2010/05/23(日) 20:25 | URL | 大和 #-[ 編集]
No title
>>AMAさん
そそ死ぬ気でやればなんでもできるなら、
笑い取れなかったら即あぼんするつもりで
漫才すれば大爆笑の渦でもできるのかなーと。
無理ですよね。

>>ななしさん
そうそう。援軍があり今をしのげば勝つという確実な策があってこそですよね。
全軍が最初から水際だったら全滅っすよ間違いなく。
勧める側は、責任とらないから言いたい放題ですが。

>>ひきこもりOLさん
>そうですね、ニートは常に死地まっただ中ですよ。
全くです。もうだめだ、なんて始終感じてるのにね。
わかってない、と思うこと自体、わかってないと思います。
急かされるのは本当に辛いですね。
焦らせるから、余計に長引くんです。


>>大和さん
記事ではなく、コメントにレス、しかも人の否定を主目的と見受けられる書き方はやめてねー。
えっと、次は警告ではなく、対処そのものを行いますよ。
2010/05/23(日) 21:29 | URL | ziraiya #TY.N/4k.[ 編集]
本文にも触れてはいるよ。そりゃあ反対意見ばかり言うのは管理人にとってブログの運営上腹だたしいとは思うがコメント者同士で意見をぶつけて何が悪いの?
2010/05/24(月) 08:44 | URL | 大和 #-[ 編集]
No title
自分も今回の記事を読むまで、背水の陣の背景については間違った認識をしていました。
ありがとうございます。

『兵は死地において初めて生きる』、近い諺を用いるなら「窮鼠猫を噛む」をさせたところで、結局猫とネズミのパワーバランスは変わらないですものね。
奮戦したところで、死地にあることが変わらないのであれば意味に欠ける。

井ケイの戦いにおいての目的は「戦いに勝つこと」であり、背水の陣を敷いて「兵を奮戦させること」は手段の一つでしかなく、目的ではない。
ニートや社会不適合者においても、「落ち着いて生きていけること」等が最終目的なわけで、「がむしゃらに盲目的に努力すること、苦しみ続けること」を単一の手段として、目的としてしまうのはおかしい、ということでしょうか。
個人の視点でいけば、結局死んじゃったけど奮戦したからOKだよね☆(≒職を少しも吟味せず自分に合わない仕事でも続けてたら過労死しちゃった/絶望して自殺しちゃったけど働けたならOKだよね☆)なんてことにはならないわけですから。
続きの記事も、期待しております。


大和さんはニートなどの社会問題に対して貫く姿勢や意見がしっかり確立されているようですので、ここのコメント欄ではなく、ご自分のブログなどを設立して主義主張をなされてはいかがでしょうか?
管理人さんはコメント欄での必要以上の議論を望んでいないようですし。
記事やコメントへの反対意見はトラックバックで述べればいいわけで、加えて私個人としても、ニートに批判的な識者の記事にも目を通すことは視野を広げることにつながります。
2010/05/24(月) 12:51 | URL | shino #4A6q7cVk[ 編集]
なんだか荒れてますね
大和さんはNEETをどうしたいのですか?そこがよくわからないのですが、死地というのは本人にとって死地ならば十分だと思うのですけど。例えば、花瓶を割ってしまった子供。十分死地です。甘えてるのはおかしいとなじるだけよりかは、大和さんが持つ社会のノウハウでもご披露していただけたほうが、よほどみんなのためになるかと思います。

あーあと、長い目で見守れるできた親なんて中々いないと思いますが。いたら、NEET卒業できるよっと。個人的な経験から言わせてもらうと社会人も親もひどい人多いです。


地雷屋さん今回の記事はためになりましたです。またこういうの(歴史物?)をやってください。
2010/05/25(火) 05:51 | URL | nageyari #-[ 編集]
>>大和さん
あーいう言い方だと議論の外で煽り合になりかねんと思いますよ。言い方は大事です。ある意味中身よりも。

>>shinoさん
鋭い。窮鼠猫を噛むも最初とりあげてました。
長くなるのでご退場ねがいましたけどw

>>nageyariさん
こんにちわ。またやりたいものですね。知識が持てば。
まあニートは死地ですよ十分。
だってほっといたらお金なくなって死ぬ。
……と、少なくとも脅されていますからね。
2010/05/26(水) 10:54 | URL | 地雷屋 #TY.N/4k.[ 編集]
興味深い!
はじめまして!
職歴無しの1ニートです。
記事の内容が興味深いので遅まきながらコメントをば!

自分、歴史が好きなので(中国史と日本史は特に)
「背水の陣」と聞いて思わず飛びついて読みふけっちゃいました。
「背水の陣」の内容は知っていたので、そこ事態に驚きはなかったのですが、
それを題材にして実のある(論理的に解説し、読者を良い方向へ促す)記事を
作成しておられる地雷屋には感服させられました!
地雷屋さんの人柄に惹かれてか、コメント欄も礼教主義的に
実のある意見が集まっていますね。(まさに類は友を呼ぶ!)

背水の陣の利点には、あえて水場を背にすることで
背後からの攻撃を無くし
(敵も勝ち戦ならばわざわざ不利な水場に行く兵士も少ない)
正面から相手できる敵のみを、味方を交代させつつ相手にできる、
というのもあるようですね。
わずらわしい角度からの敵(悩みとか弱み)を極力排除するというのは
ストレス社会で戦う現代人にとって必須スキルだと思います。

しかし、実際問題「背水の陣」を完成させるのは難しいですね(汗)
自分もバイトをしながら、資格勉強(ビジネスマナー、OAスキルも復習したい)
をやろうと画策しているのですが、なにせ実績が薄いもんで不安です(泣)
「生兵法はケガの元」ともいいますし(汗)
史実で作戦が成功したのも、上司(韓信)と同僚を信頼できていたからでしょう。
自分は自分をどこまで信頼していいものか…。
う~ん、一人二役はつらいです(笑)
まあ、今は作戦開始に向けてひたすら準備あるのみだ!

地雷屋さんはバイト(効率的に戦ったおとり役)と副職(城を陥落させた別働隊)
で両立されているらしく、これまた感服させられます。
いよっ、名軍師!

お互い、辛い状態かもしれませんが、なんとか戦い抜きましょう!
2012/03/24(土) 22:39 | URL | Dark Knight #-[ 編集]
しかも韓信は、事前の下調べをしっかりとした上で実行しました、実績も信頼もないアホな経営者が無策に言っても社員の気持ちが萎えるだけで全くの無意味です。

兵士たちも「韓信なら…韓信ならきっと何とかしてくれる」と思って勝利を確信していたから、死に物狂いで戦えたんだと思います。




余談ですが、韓信は若い頃ニートでいつも「俺は将来ビッグになる」と大口を叩いていたそうです
2012/04/10(火) 11:56 | URL | ななしさん #-[ 編集]
コメントの投稿
http~は禁止ワードです。URLを張る際は、hを抜いてください。 出会い、も禁止ワードです。適当に変化させてください。
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

地雷屋

Author:地雷屋
半年以上引きこもった回数5回。トータル空白期間は6年以上にも及ぶ、29才専門卒。そんなダメっぽい感じでも面接突破、就職できたし(2回)自活できてますって事を書き記していきたいと思います。今は退社して独立目指し中。

↓ご意見、ご相談などお気軽に。
メールボックス


もしくは[ziraiya222@gmail.com]まで

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter
QRコード
QRコード
あっちの副収入blog報告
副収入報告別ブログ
副業初めて2年……2年前は月収3万。現在月収50万突破。短いような、長いような。


メルマガ登録
登録しているランキング
応援クリックを歓迎しています。
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析