ダメ人間でも幸せになっていいはず。管理人地雷屋は、新卒後、5年以上のニート期間の後に就職。
元ニートによるニートのためのニート脱却を目指すblog。初の人は、カテゴリ目次へどうぞ
トップページはこちらをクリック
/*とあるニートの成功目録*/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニート考察34「同じことで悩んでもいい」

自分は、ニート2年→労働9ヶ月→ニート3年半→労働4ヶ月→ニート半年→労働2週間(←今ここ!)と、
ニートから復帰してはまたニートにと繰り返してきたんですけども。


悩みって結構共通してるものがあったりするんですよね。


1回目のニートの時は、あんなに仕事したいって思ってて、そういう希望に溢れて仕事について仕事をはじめるんですけど、仕事につくと、また別の辛さが出てきたりします。そういう時は、ニートに戻りたいって思ったりする。そして、ニートに戻ると、ああ俺はダメ人間だ、またどうしても働きたい、働けばこの最悪な精神状態から抜け出せるのに、とかって思う。でも、働くとまた、ここから抜け出したい……ってなったりする。


ブレまくりですね。

その上、まるで成長していない……ともとれる。

脱ニートはたして、その後またニートしてるわけですからね。
しかも3回も。


でも、だからといって成長してないかというと、そうでもない


とはいえ、2回目、3回目のニートの頃は、それで悩んでました。
またやってしまった。

俺は結局、なんだかんだいって成長していないのか。
成長したつもりだったけど、たまたまだったのか。
実は成長していなかったんじゃないか
そういう風に悩んでました。

人間性能がまた衰えた、って思ってしまうと本当に辛い


でも多分、次はもう悩まないと思う。
なんでかっていうと、そういうもんだと分かったから

人って、その環境に応じた精神状態になるんですね。これはどうしようもない。
社員の時に、ニートの精神状態になって、今の状態を考えることは非常に難しいし
ニートの時に、社員の時の精神状態になって、今の状態を考えることも同様に難しい。


人は、環境に本当に大きく影響されて。
どうしてもそうなってしまう。

だからもし、自分と同じように、ダメな状態から一旦脱したにも関わらずまた戻ったりした人がいたら、決して、人間自体がダメに戻ったわけではないと言いたいですね。

そういうテンションになりやすい環境に身を置いただけなんです。
経験値は、裏でしっかりたまってます。
戻ってない。前に進んでます。また此処にくることは、必要なステップだったといってもいいぐらい。
そして、以前のところは、必要なくなったからここにきたんだと。


人は前に進んでると確信できてるときは本当に強いけど、
後ろに進んでると感じると、本当にもろい。

でも、絶対前に進んでますから。


環境については、色々と補足があるので、また語りたいと思います。







↓前に進むために、全クリックをよろ!です。
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ  人気ブログランキングへ  


目次一覧はこちらをクリック 

ニート考察33「他人の成功を見たくない」
次回ニート考察35「正論なんてどうでもいい」
コメント
コメントの投稿
http~は禁止ワードです。URLを張る際は、hを抜いてください。 出会い、も禁止ワードです。適当に変化させてください。
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

地雷屋

Author:地雷屋
半年以上引きこもった回数5回。トータル空白期間は6年以上にも及ぶ、29才専門卒。そんなダメっぽい感じでも面接突破、就職できたし(2回)自活できてますって事を書き記していきたいと思います。今は退社して独立目指し中。

↓ご意見、ご相談などお気軽に。
メールボックス


もしくは[ziraiya222@gmail.com]まで

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Twitter
QRコード
QRコード
あっちの副収入blog報告
副収入報告別ブログ
副業初めて2年……2年前は月収3万。現在月収50万突破。短いような、長いような。


メルマガ登録
登録しているランキング
応援クリックを歓迎しています。
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析